オーディションで芸を磨こう

演技は経験が実力になってくる世界です。どれだけ舞台に出たことがあるかが、演技の幅を決定づけるといっても過言ではありません。また、テレビドラマの経験も、必要です。芸能界の花形はテレビであり、カメラ割りや、編集などテレビならではのことも多く、そちらに対する理解を深めることも芸能界に入った後の成長度合いを左右します。

そのため、オーディションを受けるプロダクションも、その後の芸能界人生をイメージして選ぶようにしましょう。テレビ俳優にさせたい場合は、ドラマ制作も行っているような大手事務所を狙ってみるのが良いでしょう。ただし、大手事務所の場合は、かなりの人数が受けるため、倍率もぐっと上がってしまいます。そのため、事務所に所属することだけを考えるのならば、子役劇団系の事務所を受けてみるのも一つの手です。劇団なら、専門的なレッスンを受けて実力を身に着けることもできますので、実力派を目指すのならばいいかもしれません。

幼少のときから、基本的な芸能界のためのセンスや訓練を身につけることで、将来のための先行投資をすることができます。芸能界は夢のある世界のため、お子様にチャレンジしてもらいたいと考えている親御さんは、事務所選びから始めてみるようにしてください。